【休日のダラダラ夫】にイライラしない3つの方法。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

休日前のわくわく感が好きです。ただ,休日は日々の仕事から解放されて嬉しい反面,「休みの日の方が疲れる・・・」という奥様もいらっしゃるでしょう(→私です)。

独身時代の休日は,起きたい時間に起きて,やりたいことができた。

でも今は違う。

家族全員が家にいると散らかるスピードが早い。外出しなかったら,3食作らないといけない。外出すれば帰ってきたときにドッと疲れる。

そして休日で最もイライラするシチュエーションが,これですよ。

 “妻が家事や育児でバタバタしてるのに,夫が何もせずゴロゴロ・ダラダラしている” 

外出先から帰ってきてクタクタ。だけどもう夕飯の時間。

自分がせっせと夕食を作っている時に夫はテレビを見ながらゴロゴロ。

子供をほったらかしでずーっと携帯とにらめっこ。(仕事の連絡ではない)

当然,子供は夫の横にいても退屈だから私の周りをチョロチョロ。

こっちの作業が中断される・・・全然はかどらなーい!!!

夫よ・・・平日も遅くまで働いて休日くらいゆっくりしたいのは分かる。外出時は子供のだっこ・車の運転・荷物持ちなど色々やってくれてお疲れなのは分かる。でも,こっちも平日働いているし,今も同じく疲れてるよ・・・っていうね。 

では本題。どうすれば夫にイライラせず,快適に休日を過ごすことができるでしょうか。

休日ダラダラ夫に対してイラッと来る理由

そもそも,なぜ夫がダラダラしている事に苛立ちを覚えるのでしょうか。

理由1:『自分は家事や育児一生懸命しているのに,なんで夫はのんびりしてるの!ずるい!自分も休みたい!』と思うため。

理由2:そもそも,夫に限らずダラダラしている人を見るのが嫌。

たぶん理由1の方が多いと思うんで,今回は理由2には触れずに行きます。

要するに自分も楽ができれば,夫に対してイライラしなくて済むよね,ってところを追求しました。

以下は実際に私が実践していることを紹介します。

旦那さんの性格・家族構成などにより実践が難しいところもあるかもしれませんが・・・何かしらのヒントになれば幸いです。  

1 家事&育児を積極的に頼む

私が家事・育児で家中をパタパタ走り回っているとき,夫がずーーーーーっと携帯やテレビを見ていて,この人動く気がないな・・・って場合は,ちょっと様子をうかがってみます。

で,以下のタイミングを見計らって「ちょっとやってほしいことがあるんだけど~」と声を掛けています。

  • 仕事の連絡をしているとき以外。(ただ何となく携帯をいじっている時)
  • テレビを見ている時はいつも楽しみに見ている番組以外。(ただ何となく見ている時)

ちなみに頼んでいることはこんな感じのこと↓

【子育て】

  • 子供の遊び相手(子供が構って欲しそうにしていたら)
  • オムツ替え
  • お出かけセットの準備(オムツ・着替え・おやつ)

 【家事】

  • お風呂掃除
  • 洗濯物干し(タオル類や干すのが簡単なものだけでも)
  • 洗濯物たたみ(自分のだけでもやってもらう)
  • 簡単な料理(味噌汁の味付け,餃子を包む)
  • 盛りつけ・配膳
  • 食べ終わった食器を運ぶ

ちなみに,これら全部を頼んでいるわけではない。いくつかピックアップして頼んでいる。

ポイントは,“教えなくてもすぐできること”を頼むこと。

(難しいことを頼んだら色々聞かれて,教えている時間がもったいない)


私の考えをつらつらと↓

共働きである以上,休日の家事・育児については夫婦で分担してやった方がいい。と考えている。

だから,夫にわざわざ声をかけて家事や育児を「やってもらう」ってこと自体がおかしい気がする。

心の中では,言われなくてもでやってくれるとありがたいんだけどねー。と思う。

だけど,人の性格や意識を変えるのって難しい。1日や2日ではまず変わらないし,他人がどうこう言ったところで,変わらないケースの方が多い気がする。

そこで私は「人を変えようと思う前に,自分が変わったほうが早い!」と思った。

基本的に夫は「声をかけたらやってくれるけど,自分から進んではやらないタイプ」なので,これを変えようと思うと大変だ。

だから,私自身がそのような夫に対して「どんどん声をかけて夫に協力を求める妻」に変わった。

そんなわけで。

日頃の声かけの成果か,最近は自分から動いてくれることも増えました。ありがたや!

  

2 「料理は作らない」宣言をする

food(pizza)

平日働いて,家事して育児して・・・

土日も料理作るの面倒ではないですか??しかも3食。

私はわりと料理好きなんですが,それでも土日の料理は面倒だなーって思うことが多い。

朝ごはん食べて片付けとかしてたら,すぐ昼ごはんの時間だし。

なので疲れているときは,土日のどこかで「今日は面倒だから料理をつくらない!」宣言をしてとことん手抜きします。

手抜きできる分「自分ばっかり頑張ってる」感が減らせる。だから,夫がダラダラしててもある程度寛容になれる。

以下に私の手抜きのパターンを書いておきます↓

(1)朝ごはん

朝ご飯はいつも簡単なものしか作らないので,たいてい作ってる。

だけど,それすら相当面倒だなってときは,

  • 近所のパン屋さんで焼きたてパンを買って食べる。(イートインがあるお店は,食べ終わったらそのまま遊びに行けて最高!)

(2)昼ごはん

我が家は夜に外食しちゃうと,子供の風呂や就寝時間がずれたりしがち。だから手抜きをするなら昼が多いです。

  • コンビニ・デパ地下などでお弁当を買って公園で食べる。(レジャーシートとか持って行くと,ピクニック気分で子供も楽しい)
  • 自宅で作るなら麺類オンリー!→早い・安い・うまい・片付けが楽!焼きそば・うどん・そうめん・パスタ・そばを順番に回せば飽きもこない。もはや最近,土日の昼は麺類しか作ってない。
  • 外食(昼だとランチセットとかあるし,夜ほどお金がかからないのでオススメ。)

(3)夜ごはん

夜は家で食べることが多いので,家でできる手抜きをしている。

  • スーパーやデパ地下のお総菜に頼りまくる。→米は冷凍ストックをチンするか,なければ炊くことが多い。
  • 自宅で作る場合は,メインおかずは刺身!!→切るだけだし,盛り合わせの場合はもはや切る作業すら不要。
  • ホットプレート系の料理(お好み焼き・ギョウザ・焼き肉)→片付けが楽!(皿や鍋を何個も洗ったりしないでいい。)
  • 冬は鍋→片付け楽。栄養とれる。次の日もうまい。
  • デリバリー(ピザとか)

こんな感じ。自分の疲れ具合と相談しつつ,色々組み合わせてやっています。我が家の場合は朝はちゃんと作るけど,昼・夜は手抜き!とかが多い。 

3 開き直って一緒にダラダラする

最終手段はこれですよ。

向こうばっかり休んでるのがイラつく!っていうなら,もうこっちも開き直ってダラダラしてやるー!と。

そういう気持ちだけじゃなくて,もっとゆったりした気持ちで,一緒にのんびり休日を楽しみたいってのもある。

子供は外遊びに行きたがったりするだろうし,ダラダラできる範囲にも限界はあるかと思うんですが,出来る限り楽をして。

掃除や洗濯などももう放棄しちゃう。そして,そのことについて文句を言わせない(笑)

(部屋汚いねって言われたら,「今日疲れてるんだ~。気になるんだったらやってほしい~」と言っちゃう。)

できなかった家事は結局,平日に自分がしないといけなくなるけどね・・・。

夫が目の前でダラダラしているときに,「なんでこっちばっかり家事しないといけないの」と思いながらやるのと,居ないときにささっとやるのではイライラ度が違う。不思議!

夫側の気持ちも考えてみた。

もしも休日の部屋の片付けについて,次のA~Cのパターンしかなかったとしましょう。

さて,世の旦那さんたちはどれがいいと思うでしょうか。

A 妻がニコニコしながら掃除。部屋もキレイ。

B 妻がイライラしながら掃除。部屋はキレイ。

C 部屋は汚いけど,妻はニコニコ

※ここでなぜ,「夫が掃除をする」って選択肢がないのか!って突っ込みが入りそうだけど,それは触れないでおきましょう。(「休日ダラダラ夫」というのが今回のターゲットなので。そういう人はだいたい「自分がやればいいのか!」って発想がなかったりする。)

話は戻って,上の3択問題。

もちろんAが一番人気でしょう。

ただ,残ったBとCでどっちがいいかって言われたら,たぶんCがいいっていう旦那さんが多いと思うんですよ。(あくまで自分の考えだけど)

なので,私は少々家事がほったらかしでも,自分がイライラしないでいたほうがいいよね!と思っています。

せっかくの休日だから,みんな気持ちよく過ごしたいしね。

・・・まぁ私の中では,「D 夫が掃除・妻は他の家事。みんなニコニコ」って選択肢が一番なんですがね。しつこいようですが(笑)


今日は長々とかいちゃったので特にまとめません!おしまい(適当ですいません)

みなさんにとって,休日が楽しい時間となりますように・・・★

スポンサーリンク

他のワーママさんたちの生活ブログも
参考にしています↓

Twitterもやっています。
子育て中のおもしろかった瞬間
育児・仕事の真面目なつぶやき
無言フォロー大歓迎!気軽に絡んでください★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする