新津春子さん「掃除はついでにやりなさい」 掃除ぎらい私「おっしゃる通りですぅぅぅ!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 4

幼い頃から掃除が苦手で,今もどちらかと言うと得意ではありません。

独身時代はいわゆる「汚部屋」に住んでいました。仕事が激務だったため家のことがほとんどできなかった・・・というのは言い訳でーす。でへへ(笑)

単に掃除自体が面倒でねぇ・・・足の踏み場もなく,かろうじて睡眠スペースが確保されている。そんな部屋に住んでいました。当時の彼氏(現在の夫)が来るときだけ,ものすごい勢いで掃除していましたよ。

もちろん,持ち物のほとんどをクローゼットにぎゅうぎゅうに押し込めてね・・・(笑)

livingroom

こんなオサレハウスに住みたい・・・

そんな私ですが。結婚して子供が生まれてから,少しずつ掃除が好きになりました。

最初は「床にモノが落ちてたら子供が誤飲しちゃうかもしれない。危ないから拾わなきゃ」「ホコリはアレルギーのもとになるし,なるべくキレイにしておかなくちゃ」みたいな感じで,義務感からでした。

義務感から始めた掃除だけど継続してみると,床にモノが何もない部屋ってとっても居心地がいい!!って思い始めた。

ただ,育休も終わり仕事に復帰してみると・・・全然時間がないんです!

子供の世話や他の家事に追われて,掃除にかける時間なんて全然ない。

そこで,「掃除の時間はあえて作らない!スキマ時間にやる!」ことを決めました。

実際やっていることはこんな感じ↓

  • トイレ行くついでにトイレ掃除
  • 皿を洗うついでに五徳を洗う・コンロ&シンクを磨く
  • 子供の食べこぼしを片付けるついでに,ハンディクリーナーでカーペットを掃除
  • テレビの付け消しのついでに,テレビとテレビ台周りをクイックルハンディでホコリ取り

などなど。何かのついでにできる事を細々と続けています。

ただし元々が嫌いの私なので,掃除のノウハウはほとんど持っていない。

結果・・・すぐ汚れる。ぐぬぬ。

もっと効率よく,楽に掃除できないかな・・・って思ってた矢先に見つけた本がこちら。

“世界一”のカリスマ清掃員が教える 掃除は「ついで」にやりなさい!

(著:新津春子)

新津春子

ここでちょっとクイズなんですが,世界一キレイな空港ってどこだと思います?

羽田空港らしいですよ。(←答え言うの早いなw)

著者の新津さんは,羽田空港の清掃員500人を束ねるリーダー。つまり掃除のトップ・オブ・プロ!お掃除マイスターです。

(余談ですが,新津さんのお仕事の様子は,NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で取り上げられ,2015年度最高視聴率を獲得したそうです。見たかったな。 )

この本の良かった点

  • 予防掃除のやりかた
  • 時間があるときの「しっかり」そうじについても書いている
  • マンガがある(マンガ大好き!)
  • 掃除方法や洗剤・掃除道具について図や写真も豊富(分かりやすい)
  • 玄関・キッチン・風呂など,場所別の掃除方法が書かれている
  • 使う道具がシンプル
  • 掃除道具のメンテナンスにも触れている
  • 汚れの種類別の掃除方法

雑巾ひとつとっても,絞り方・持ち方が色々あり,プロならではのテクニックすげー!って思いました。

そして,ただのテクニック集ではない。

汚れの種類についての解説が多く,その落とし方についてきちんと書かれている

なんだろう・・・お掃除の教科書的な感じですね。基本中の基本が書いてある。

普段の私は,買った本は一回読んだら売るなりして処分することが多いです。

ですが,この本については何度も読み込んでいこうと思いました。書いてあることを自分のモノにできるまで。(分からないことがあった時に開く『辞書』みたいな感じで使う予定。)

もう少し書いてほしかった!という点

網戸掃除の方法。窓ガラスやサッシの掃除については4ページぐらい割いて書いてあったんだけど,網戸については,1ページの8分の1ぐらいのスペースにちょろっと書いてあるだけ。

網戸ってすぐ汚れるし,普段から窓を開け閉めするときに気になってたんですよ。

これもついで掃除できんのかな-?ってとこが知りたかったんだけど,普通のお掃除の手順がさらっと書いてあるだけだったので残念・・・。

網戸まで「ついで掃除」するのはやっぱ難しいのだろうか。

印象的だったフレーズ

新津さんがおっしゃるには,

極論,「掃除はタオル1本でピカピカになる!」

そうです。

大変興味深い。

ただし私の場合,極度のめんどくさがりでです。雑巾絞りすら面倒と思っちゃう。平日は時間が無いので特に。なので,雑巾使うなら休日かな・・・。

ちなみに私は,平日の掃除にキッチンペーパーとアルコール除菌シートをフル活用。コンロやテーブル,床にもバンバン使って使い捨て。多少コストはかかるけど必要経費として割り切る。

また,以下の2つは私の考えと同じだった。「これで良かったのね!」って嬉しかった箇所。

毎日の掃除は完璧じゃなくていいんです。「見えるところ」,「触れるところ」だけやれれば十分。

仕事も育児も家事も,全部完璧にできない。

個人的な考えで,しかも極論だけど・・・。

仕事・家事・育児,それらを全部足して100点になればいいんじゃない?って思います。手を抜くところは抜かなくては。

小さなスペースから取りかかろう!

これは,私が以前書いた記事で,「お気に入りのスペースを作って,そこは絶対に汚れないように死守する」って書いたのですが,これと少しだけ近いかなって思う。

小さいところから取りかかれば,掃除へのハードル下がりますからね~。

ちなみにこの本を読んでたら,夫が「おっ,こにすけが掃除にめざめたか!がんばれー!」と言ってきました。がんばれ!じゃねーよ(笑)

この本で身につけたお掃除テクを夫にも伝授して,彼も一緒に巻き込んで行こうと思います!

ちゃんちゃん。

★今回紹介した本はこちら↓(Amazon)

“世界一”のカリスマ清掃員が教える 掃除は「ついで」にやりなさい!(著:新津春子)

★この記事もオススメ!↓

忙しくてもなんとなく部屋が片付く方法4選(ちょっと邪道)

スポンサーリンク

他のワーママさんたちの生活ブログも
参考にしています↓

Twitterもやっています。
子育て中のおもしろかった瞬間
育児・仕事の真面目なつぶやき
無言フォロー大歓迎!気軽に絡んでください★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする