週末の作り置きが面倒で疲れたあなたに。常備菜・作り置きに頼らず1週間を乗り切る方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

最近,書店やテレビでも良く見かけるようになった「作り置きレシピ」「常備菜」。私も料理が好きなので、ついつい見ちゃいます。

-週末2時間の作り置きで平日ラクラク!

そりゃあ素敵だ!確かに2時間あれば10品ぐらいはできるかな・・・。これなら平日忙しくてもぱぱっとご飯出せてストレスフリーだ。平日料理しないって事は,その分の洗いものも少なくなるわけだし。うまくやれば節約にもなるらしい。時短家事の究極とも言える・・・!!

だがしかし。ここでひとこと言わせて欲しい。

乳幼児2人を抱えた主婦が,週末に2時間も自由になれるわけがないのだっっ・・・・!

(いやもちろん,それでもウチはやっているよ!人はいるだろうけど。我が家の場合は実践してみて無理だと分かった。)

小さな子供がいる共働き家庭・忙しいワーキングマザーのための作り置き論

作り置きのデメリット

デメリットという表現は適切ではないかもしれませんが・・・

先ほど言ったとおり,小さい子供がいると,そもそも作り置きにかける時間が無いのですよ。作り置き生活にチャレンジしたくてもそのスタートラインにすら立てない。

『それでもできる!気合いでやれば行ける!』

そう思っていた時代が私にもありました・・・。笑

悲惨な作り置き体験

そうやって過去に週末作り置きに挑戦してみたことがあるんですが,その様子をご紹介しましょう。(どーでもいい情報なので,忙しい人はココは読み飛ばして下さい)

まず台所に立つと3歳長女がもれなくついてくる。

案の定,「あそぼ~」から始まり「お腹すいた」「トイレ行きたい」「公園行こう」「いっしょにお昼寝しよう」・・・こんな調子で少しの隙も与えてくれない。

0歳の次女も同様。後追いが始まり,少しでもキッチンで作業しようものなら泣いて追いかけてくる。おんぶしても,ギャン泣きしてイキのいい鮮魚みたいにビチビチはねる。

こんな状態で2時間調理しつづけるとか,どんな修行だよ・・・。

というわけで結局その日は何にもはかどらず,イライラして終わりました。笑

週末作り置きをする際は,夫に子守を頼むのも一つの手。だけど毎週頼むのも気が引ける。週末はゆっくり休みたいだろう。

また,夫は休日に仕事が入ることも多々あるので,夫の協力ありきではダメだなぁと。

そして何より。平日は仕事・家事・育児(夫の帰宅が遅く,家事育児はワンオペレーション)でクッタクタなんだ。休日に自由になる時間があるならば,料理に時間を割かずにゆっくり休みたい・・・というのが私の本音だ。(元来なまけものなんでね。)

作り置きに頼らない,という発想

前置き長くなりましたが,今日の本題。「週末に時間のない主婦が作り置きに頼らず,1週間を乗り切るにはどうすれば良いのか?」を考えました。

結論から言うと,「平日1回あたりの調理で出来るだけ多くの品数・ストックを作る」です。

そのためのアイデアを以下にまとめました。

料理を始める時は,最初に湯を沸かせ!

料理を始める時,どの作業から始めるだろうか。

私は今までまな板と包丁を出してきて,野菜を洗って切って・・・という手順でやっていた。

でも,そうするとその間コンロは空いてるわけである。もったいない。

最初に湯を沸かして,沸騰を待つ間に野菜を切る。切っている間に沸騰したらすぐに野菜を投入すれば時間のロスがなくなる。

ゆでる料理(例)
・おひたし(小松菜,ほうれん草,もやしなど)
・ポテトサラダ,マカロニサラダ ・和え物(白和え,ゴマ和えなど)
・ゆで卵(朝食などに。みりん&醤油で漬ければ味玉に)

誤解しないでいただきたいのだが,毎度「ゆでる料理を作れ」と言っているわけではない。

本質はそこではなくて,

「なるべくコンロを遊ばせない(空けない)ようにする」ということだ。

これを念頭において調理をすれば,時間のロスが減らせる。と言いたい。

以下にポイントをまとめておく。

時短調理のポイント

  • キッチンに立ったら最初に湯をわかす(ゆでる料理があればそれから取りかかる)
  • ゆでる鍋はフライパンにして,終わったら軽くすすいで焼く料理に使う(洗い物を減らす)など,調理器具の洗い物を減らすことも意識する
  • とにかくコンロを空けない。常にフル稼働させるよう意識する
  • 電子レンジなど,コンロ以外に調理できる手段があれば,それも意識的に使う。

※余談※

電子レンジでゆで卵を作れる商品があり,私はそれをヘビーユースしている。

下の皿に水を入れて電子レンジでチンするだけ。後は,ほっとけばゆで卵が完成する手軽さ。(説明書に従って加熱時間を変えれば,黄身の固さも調節可能。)

たまごサンド,マカロニサラダ(ポテトサラダ),おでん・角煮に入れるゆで卵がいる料理には必須。

電子レンジゆで卵調理器

使い込んでる感が出てて,なんか恥ずかしい・・・

【メリット】
・コンロを塞がないので,その分他の料理に回すことができる。
・時間を計ったり,黄身が寄らないよう鍋の中でころがす手間も不要。

黄身が寄っちゃうこともあるけど,食べる分には問題なし。本当にオススメ!!

曙産業 レンジでらくチン ゆでたまご4ケ用(3ヶ用はこちら,2ヶ用はこちら

一度に作る量を多くして,翌日以降にも登場させる

日持ちのする料理は,その日に食べきる量だけ作るのではなく,一品一品を多めに作っておく。その日に食べなかった分は冷凍できれば冷凍,冷蔵しかできないものは冷蔵保存する。

作り置きをしようと思って,その日食べないものまでわざわざ作ろうとすると大変だ。

しかし,こうやって1回あたりの調理で自動的に作り置きが発生するようにして,冷蔵庫・冷凍庫にストックを増やしておけば,それらをレンジでチンするだけで翌日以降の献立にも登場させることができ,手軽に品数を増やすことができる。

余った野菜は「ちょい切り」で時短

vegetables2調理をしていて,にんじん1/4とか,ちょこっと野菜が余ることはないだろうか。

それらをラップにくるんでしまう前に,ついでにカットしてから保管(ちょい切り)すると,次回以降の食事の支度がはかどるのでおすすめだ。

ちょい切り野菜の活用例

ネギ  すべて小口切り(味噌汁や納豆に入れる。鶏団子など挽肉こねる系の料理に混ぜてもよし。香りや風味が落ちるので早めに使う。)
ごぼう  すべてささがきにし,水にさらしてアク抜きしてから水気を拭き取る(冷凍保存OK。豚汁やきんぴらに。)
じゃがいも  千切り(炒め物に。ベーコンやハムと一緒に炒めてジャーマンポテト風にしたり)
にんじん

たまねぎ

 みじん切り(スパニッシュオムレツの具材に。挽肉料理のかさましにも。) 好きな大きさに切って味噌汁・スープの具材にも。
キャベツ

大根

 千切りにして水にさらし,ザルにあげて水気を拭き取る。(サラダなどに。)好きな大きさに切って味噌汁・スープの具材にも。

注意

「ちょい切り」は時短になるが,野菜が余ったら何が何でもしなきゃ!とこだわると疲れるし,かえって効率が悪くなるのでほどほどに。

料理のできあがりを待つ間などにちょっとやっとく。できなければそれでいいや,ぐらいの感じでやるといい。

新○○系の野菜を使い倒す!

シーズンは限られるんですが,新じゃが,新にんじん,新ゴボウ,新玉ねぎなどの野菜があるじゃないですか。いわゆる新○○系の野菜

通常の野菜よりちょっと高めですが,どちらにしようか迷ったときは迷わず新○○の方を買います。

なぜなら,皮をむかなくていいから!!!

また,私はいつも皮むきにピーラー使っているのだけど,新○○野菜はそれを使わなくていいので,余分な洗い物を減らすことができる。

新玉ねぎはさすがに皮つきのままは無理なので,時短にはならないけど・・・。(ただ,水にさらしてサラダにしたり,カツオのたたきと一緒に出せばそれだけで一品完成するので,やっぱり重宝する。)

火を使わないレシピのストックを増やす

週末の作り置きストックがない場合,

一回の調理で最大のパフォーマンスをする(いかにたくさん品数を作るか)

ということが大事になってくる。

そうなると同時進行でたくさんの料理を作る必要が出てくる。

一番はじめの部分で,コンロやレンジもフル稼働させる。という話をしたが,コンロがすべてふさがった場合などに,火を使わない料理(電子レンジだけで出来るレシピなども)を追加で作れればなお良い。

火を使わないレシピを多くストックしておけば,夏場の暑い時期に「キッチンに立ちたくない・・・」というときにも重宝する。

★おすすめリンク

味の素PARK-みんなで節電しよう!電気もガスも使わない簡単レシピ

オレンジページnet-火を使わない夏ごはん

まとめ

週末作り置きに頼らないで1週間の献立を回す方法,いかがでしたか。

結論は,「平日の調理で出来るだけ多くの品数・ストックを作る」です。

しかしながら,週末にまとまった時間が確保できて,作り置きに注力できるようになるのは何年後になるのでしょう・・・

私の場合はきっと,子供が大きくなって,手がかからなくなる頃だろう。

今は手がかかって本当に大変な子供たちだけど,手が離れるとそれはそれでちょっぴり寂しいんだろうなぁ・・・なんて思ったりもします。(最後の最後で,本筋からずれちゃった!)

おしまい。

スポンサーリンク

他のワーママさんたちの生活ブログも
参考にしています↓

Twitterもやっています。
子育て中のおもしろかった瞬間
育児・仕事の真面目なつぶやき
無言フォロー大歓迎!気軽に絡んでください★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする