怪しい子育てサークルの勧誘に注意(ちょっとゲスな体験談付き)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

子育て支援センターになどで見かける「子育てサークル」や「育児サークル」のチラシ。

こういったサークルでは,ベビーヨガ・読み聞かせ・しつけ・離乳食講座…色々な種類の活動があり,ネットでは得られない有益な情報も得られることもある。また,活動を通じてママ友ができることもあるかもしれない。

実は,こういった公共の場所でポスターを貼って参加者を募るタイプの子育てサークル以外にも,直接自宅に訪問してきて勧誘するタイプの育児サークルがあることをご存じだろうか?

安易に参加する前に,ちょっと一息ついて考えて欲しい。

「その育児サークル,本当に大丈夫?」

今回の記事で言いたいこと

こういった自宅に訪問し勧誘するタイプの子育てサークル,すべての団体が怪しいとは言わないが,宗教等が絡んだ怪しげなサークルもあるので,参加する際は十分に注意して欲しい。

実際に書いていくこと

  • 実際の体験談(現に勧誘を受けて活動に参加してみた。その体験レポート)
  • 勧誘型育児サークルに参加する場合の注意点

自宅にやってきた子育てサークルの勧誘

house

勧誘は平日の昼にやってきた

2ヶ月ほど前の事だった。平日の昼下がりに玄関チャイムが鳴った。

ドアを開けると,30代後半~40代ぐらいの女性2人組。見た目は,どこにでも居る普通の主婦という感じで,話しやすそうなオーラが出ている。

分かりやすくするため,ここからは会話形式でお届けする。

女性A「こんにちは!この近所で子育てサークルをしているんですが,ご興味ありますか?」

女性B「離乳食とか,しつけとか,色々なテーマでお話をしていますので,とても参考になりますよ~」

私「えっと…(またこの手の勧誘か・・・めんどくさいな・・・),子供が小さいのであまり外に出たくないんですよね・・・」

女性B「そうなんですか~。でも,お子さん同伴でも大丈夫ですよ!みなさんお子さんとご一緒に参加しておられますので」

私「はぁ・・・」

女性A「あっ,参加費とかはかかりませんよ~。無料でやってます!」

ここで育児サークルの紹介と集まりの日程・テーマが書かれた紙を渡される。

実は私はこれまでに数回,この手の勧誘にあっている。

その都度お断りをしているのだが,今回はなぜか彼女たちの素性について,ふと疑問に思ったのである。みなさんも疑問に思いませんか?


私が疑問に思ったこと

  • 参加費無料→勧誘は完全にボランティア?
  • だとしたら彼女たちの勧誘活動もボランティアなのか??無賃金?
  • なぜそこまで熱心に活動するのか?
  • この育児サークル,なにかからくりがあるのか?
  • 「タダより高いものはない」なんて言われるが,もしかしてこの世には本当に良心的なサークルが存在するのか?

とまあこんな感じで。元々,気になったことは自分の目で見て確かめずにはいられないのもあるし,ちょうど活動のテーマが気になるものだったので,なんとなく参加してみようと思った。

育児サークル,実際に参加してみる

coffee

私「ちょっと興味出てきたんですが,会場はどこですか?」

女性B「近所の公民館の予定ですが,そこが空いてなければ子育てサークルのメンバーの自宅になります。日程は決まっていますが,場所はまだ決定してないので,前日にご連絡差し上げますよ。サークルメンバーの自宅の場合は,車でお迎えに行きます!」

私「そうですか。じゃあ,参加してみます」

女性A「ありがとうございます!じゃあ,連絡先教えていただいてもいいですか?」

私「(連絡先教えたくないなぁ・・・)メールアドレスだけでも大丈夫ですか?」

女性A「大丈夫ですよ!じゃあまた前日にご連絡しますね!」

当日の様子&活動内容

前日にAさんからメールが入る。会場はAさんの自宅に決まったということ。

当日の指定時刻にAさんとBさんが車で迎えに来てくれた。

※ちなみに,子供は夫に預けてから出かけた。(この時点では安全なサークルだとは断定できないので。もちろん,何かあったときのためにサークルの詳細と行き先も夫に伝えておいた。)

会合の内容
  • 人数は6人
  • そのうち4人がサークルのメンバーで,あとの2名が新規の参加者(私ともう一人(「新規さん」と標記する))
  • 時間は2時間ぐらい
  • テーマの内容は忘れてしまった(←おい!)が,育児本に書いてあるようなことだった。これ自体はまあまあ参考になった気がするし,趣旨としては良いものだった。もう忘れたけど。
  • 家庭では父親を立てることが大事,とかそういう事を言われた
  • 家庭での妻のあり方,母親としての役割などについて語られた
会がおひらきになるタイミングで会費の請求がある!

サークル女性「・・・という訳で,今日はこの辺でおしまいです。どうでしたか?」

新規さん「すごくためになりました~」

私「あっ,参考になりました。ありがとうございます。」

サークル女性「良かったです~。実は私達,先ほども言ったとおり○○という会に所属していて,地域のママさんのために子育てサークルを運営しているんです。今回はお試しで来ていただいたのですが,このサークルは今後も継続してあるのでぜひ参加していただきたいなって思っています。ただその場合は,サークルの活動費として3千円いただいているんです。年に1回ね。3千円払えば何度でも参加可能なので・・・どうですか?」

私(有料の勧誘キターーーー-!やっぱりーーーー!この世にタダより高い物はないのだな!全力で断らなくては!)

私「あの・・・,ここまで参加しておいて申し訳ないんですが。もうすぐ仕事に復帰するんでごめんなさい。参加はできないです・・・」

新規さん「私も・・・ちょっと考えさせて下さい」

サークル女性「そうですか!じゃあまた気が向いたらご連絡してくださいね!」

意外と勧誘はあっさり終わった・・・(ように見えた。)

帰りの車内で偶然にも組織のあれこれが少し分かる

帰りの車内にて。サークルとは関係のない雑談をする。

女性B「・・・あっ,支部長さんから電話だ!ちょっと出るね」

支部長というのは,どうやらこの育児サークルを運営している団体のリーダーのようだ。

興味ないフリをしつつ,ガッツリ聞き耳を立てる私(まさにゲスの極み)

女性B「・・・ええ,今終わりました。・・・それはまだ・・・これからです・・・。それから××さんが再入会されました。・・・はい,失礼します。」

恐らく,今回の集まりで新しいメンバーの勧誘が出来たか,ということを聞かれたようだった。Bさんの口調がちょっと緊張していた。

先ほどの集まりでは知らされていなかったが,この育児サークルには背後にもっと大きな組織が絡んでいる気がする。そう思った。

帰りの車内&翌日メールでも勧誘はあった

「土日にもやってるから仕事がない日にどう?」「○○駅(最寄り駅)で朝の通勤前にみんなで集まって勉強会とかもやってるけど,どう?」とか。

そこはにこやかに,でもはっきりと断った。1回1回はわりとあっさりだけど,勧誘の回数が多くて正直言うと疲れた・・・。

ただし,自宅バレしていること&AさんBさんも家が近いことなどの事情により,下手な対応をするとご近所づきあいや子供同士の付き合いに影響が出ても困る・・・と思い,慎重に対応した。

帰宅後にネットで調べてみた

mobile0

家に帰り,今回の講義?の内容を元にキーワードを入れて検索をすると,ある社団法人がヒットした。どうやらここが本丸らしい。

団体の理念を綴った冊子なんかも出している。どうやら各地で講演会などもやっている・・・・

・・・・ん?参加費・・・?

1回2万円・・・だと・・・???

どうやら本丸の講演会に参加するにはお金がかかるようで,その値段が恐ろしく高い・・・。

しかも,なんだかちょっと宗教臭い・・・・

先述の育児サークルに入った場合,ゆくゆくは(もしくは同時に?)この本丸の団体に加入させられるのではないだろうか。

今はただ活動に参加しているだけの人も,ゆくゆくはAさんたちのように勧誘側・運営側に回されるのではないだろうか・・・

そんでもって,講演会やらいろんな行事やら,冊子やらで年に3千円どころか,恐ろしい金額のお金を払わされるのではないだろうか・・・。

調べれば調べるほど,黒い情報が出てくる出てくる・・・(もちろんネットの情報なので鵜呑みには出来ないが)

とにかく入る気がないのであれば,これ以上は深入りするのは危険だと判断した。今後この団体(子育てサークル含む)とは一切関わらないようにしよう。そう思った。

(※念のため,夫にも一応この顛末を伝えておいた。もしも自分が居ないときにこのサークルが訪ねてきても応対しないでくれと頼んでおいた。)

宗教としてやっている人もいるらしい

子育てサークルの送迎をしてくれたBさんが,別れ際にこんなことを言っていたのを思い出した。

「こにすけさん,今日はありがとう。私達,怪しい集まりじゃないから安心してね!中には宗教としてやっている人もいるけど,宗教ではないからさ。」

やっぱ宗教としてやっている人もいるんかーーーー!!!!

後日談と余談

翌日の勧誘を断ってからは特に勧誘されることもなく,平穏無事に暮らしています。

ちなみに,勧誘してきたAさんBさんは普通にいい人でした。サークルの人達も。だけど,AさんBさんが後ろにある大きな団体の事について全く言及しなかったことなど,なんとなく最後まで不信感がぬぐいきれませんでした。

もしもこれを読んでいらっしゃる方の中に,そのサークルや団体の関係者がいたらすみません。一応断っておきますが,団体を批判しているつもりはありませんし,色々な集まりや考え方があるのも理解しています。ただ,今回関わったサークルは,私の考え方には馴染まないな・・・と思ったので正直に書かせてもらいました。あくまで一個人の意見ですので,どうかご理解いただけると嬉しいです。

訪問勧誘型の育児サークル,参加は自己責任で

check

ここまで,ややゲスな体験談を書き連ねてきた。

参加の是非については,各個人の判断になるのでここでは言及しない。

今回,この運営団体について私は「あまり良い印象を持てなかった」訳だが,ある人にとっては「すごくいいサークル」なのかもしれない。だから,運営団体の名称なども伏せさせていただく。

それから注意していただきたいのは,すべての勧誘型子育てサークルが怪しいと言っているわけではない。

そして逆に,勧誘型ではない育児サークルが安全だ。ということも言い切れない。

すべての育児サークルを見たわけではないし,「良いサークル」「悪いサークル」といのは個人の判断によるところが大きいので,結局はっきりとは言えないのだ。

ただひとつ言えるのは,勧誘にあった時点でそのサークルの全容を把握するのは難しい。ということだ。

参加する場合は,かなり慎重な姿勢で参加すべきだと思う。また,お金が絡んでも絡まなくても,組織の本質を見極めて冷静に判断して欲しい。

今回のケースは,たまたまサークルの人達があっさり引いてくれたから良かった。だけど,タチの悪い人達だったら,それ以降もしつこい勧誘をしてきたかもしれない。

私のように,興味本位で知らない団体に足を踏み入れるのはやはり危険だし,今回の件に関しては色々と軽率な部分があったな・・・と猛反省をした。この記事について「向こう見ずで危険だ!」という批判もあるかもしれない・・・。

だけど,今回は勇気をだしてこの記事を書いたのは,実際に子育てサークルの勧誘にあって,参加しようかどうか悩んでいる人に,参加することで起こりうるリスクなどを伝えたかったからだ。繰り返すが,どうか判断は慎重に・・・。

子育てサークルの勧誘にあった際の注意点

簡単にまとめておくので,よければご参考にどうぞ。最初から人を疑うのは心苦しいけれど,無用なトラブルに巻き込まれないように,自分で防衛することが大事。

  • 興味が湧いても,その場で返事をしないで一旦断る(こちらから連絡します。という風にする)
  • どんな団体がやっているのか,きちんと聞いておく(チラシなどがあればもらっておく)
  • 参加する前に運営団体の詳細を調べてみる
  • 個人情報を教えるのは最低限に(連絡先,職業,家族構成など)
  • 第三者にも相談してみる(夫や友人)→友人が関係者だとまずいけど・・・
  • 参加する場合は,自己責任で
  • 事前に夫など身内に詳細(日時,場所など)を知らせておく

まとめ

訪問勧誘型の育児サークルに参加した結果,その育児サークルは背後に社団法人の存在があり,宗教としてやっている人もいることが分かった。

すべてのサークルが宗教がらみとは言わない。だけど,参加することで起こりえるリスクについてきちんと理解しておく。

参加は自己責任で。

おしまい。

スポンサーリンク

他のワーママさんたちの生活ブログも
参考にしています↓

Twitterもやっています。
子育て中のおもしろかった瞬間
育児・仕事の真面目なつぶやき
無言フォロー大歓迎!気軽に絡んでください★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする