ワーキングマザーの1日のタイムテーブル公開。快適な共働き生活のポイントは「家事の時短」「夫との分担」。【前編】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

もうすぐ新年度。4月からお仕事に復帰されるという方もたくさんいると思います。

初めての出産,育児。そして復帰。

最初の月はワーキングマザーとしてのデビュー戦。

復帰後の生活,具体的にイメージできていますか?

私自身,長女を出産していざ仕事復帰!となったとき,復帰後の生活が全然想像ができませんでした。

不安すぎて連日,「ワーキングマザー タイムスケジュール」「ワーキングマザー 家事 育児 両立」
などとネット検索しまくっていました。

ただ,いくら調べたところで,実際の生活は始まってみないと分からない部分がたくさんあります。

各個人の体力,仕事のボリューム,子供の性格など。

いろんな要素で自分の疲れ具合もだいぶ変わってきます。

つまり,いくらネットで他の人のライフパターンをみたところで,自分自身の復帰後の生活をシミュレーションするには限界があるのです。

また,他の方のタイムスケジュールをやみくもに見過ぎると,

「アカン・・・。世のワーキングマザー達はこんなに時間に追われて生活しているのか・・・。私には無理,復職したくない・・・」といった気持ちになります。
(私がそうでした。笑)

なので,ワーママのタイムスケジュールを見るときは以下の2つのポイントを押さえてみてください。

(1)時短(時間短縮術)

(2)分担(家事・育児分担術)

この2つはどんな状況のワーキングマザーにとっても,非常に参考になります。

家事などで,どんなことを時短しているのか。パターン化させているものはあるか。

家事や育児について,パパとどんなことを分担しているのか。

ぜひこの点に注目して見て下さい。きっと復職後の参考になると思います。

以下に私のタイムスケジュールと「時短ポイント」「分担ポイント」も公開してみます。ご興味があればどうぞ。

ワーキングマザー1日のタイムテーブル

下の表は,私の実際の1日のタイムスケジュールです。保育園の連絡帳なんかを確認しつつつくりました。このときの子供の年齢は1歳半~2歳半頃でした。

なお,時短ポイントは(★)マークで示しました。

  6:00 起床・身支度・朝食準備(★)・弁当準備(★)・子どもを起こす
  6:30 朝食
  7:00 私が家を出る
  7:30 夫・子どもが家を出る(保育園の送りは夫)
  8:45 会社到着
  9:00 始業
 12:00 昼休憩(30分)
 12:30 午後始業
 15:30 終業
 17:30 保育園お迎え
 18:00 帰宅・夕食作り(★)
 18:40 夕食
19:30 夕食片付け(★)
20:00 風呂・洗濯機を回す(★)
20:30 着替え・子どもの歯磨き手伝い
21:00 布団に入り読み聞かせ
21:30 子ども就寝。その後洗濯干し(★)・保育園の着替え準備
22:15 就寝

(子どもが1歳半頃は,もう少し子どもの就寝時間は早かった気がします。ここで細かいこと書いてもしかたないのでそこはざっくりと。)

★マークで示した時短ポイント,そして夫にしてもらっている分担ポイントをまとめておきます。

家事の時短ポイント

①★朝食はフライパンひとつでできるものを!

朝は本当に時間がないので,まな板や包丁を使うものは基本作らない。洗い物も面倒だし。
基本フライパン一つですむもので済ませる。
夕食の野菜おかずをここで再登場させたりする。
また,プチトマトやレタスなど,洗うだけ・ちぎるだけのものも大活躍。

②★弁当はつめるだけ!

おかずは基本,残り物や冷凍ストックを解答してつめるだけ。
お米は前日の夕飯時に炊いておき,夕飯で食べるものをお茶碗によそうついでにお弁当箱にも詰める。
そしてあら熱を取ってからフタして冷蔵庫へ。
(私の職場は電子レンジがあるので,昼食時にあたため直して食べる。レンジがない場合は,この方法は有効でないかも。)

③★平日にスーパーはいかない!

どんなに手早く買い物しても,入店から退店まで1回に平均25分ぐらいはかかる。
(25分というのは自分の例だけど。)
しかも夕方のスーパーは混むし,つい余計なものも買っちゃったり…。
というわけで,我が家は土日に一週間分をまとめ買いしている。
肉や魚は,次の日使わないものは小分けし冷凍。
肉は下味をつけたりして焼くだけ・蒸すだけにしておくとなお良し。
野菜はもやし,葉物など早く傷む物を優先して使う。
週の後半は根菜やキャベツなど,わりと保存の利く野菜を使うようすれば献立を回せる。

④★夕食作りは保存のきくものを多めに作る!

副菜は2~3日保存のきく物を多めに作っておき,次の日の夕飯にも出す。
前日作った副菜と当日作った副菜で,副菜は2種類,あとは主菜と味噌汁。
うちは冬場は味噌汁も2日分作っている。毎日作るの面倒なので。
(小さい鍋やお椀に移し替えて,冷蔵庫で保管。)
汁物は,夏は腐りそうで怖いからその日食べきる分だけ作ることにしている。
煮物など時間のかかるものは日曜に作っておき,月・火などはそれを食べる。
カレーなどは冷凍保存できるものは冷凍しておき,週の後半に出すこともある。

⑤★夕食片付けは食洗機で!

うちは復帰の直前に据え置き型の食洗機を購入。
お皿・箸・コップなどは全部機械まかせ。
汚れのひどいものはお湯で軽く洗うけど,基本セットするだけなので5分ぐらい。
鍋やボールは入らないので,それだけ手洗い。シンク周りの掃除も含めて,20分ぐらいで終了。
所要時間は,今までかかっていた時間の3分の1ぐらい。導入して本当によかった。
あまった時間で子どもと遊べるし。
値段は高いけど,仕事を続けるための必要な投資として,導入する価値は充分あると思う。

⑥★洗濯は風呂に入るタイミングで!

風呂に入る前にすべての洗濯物を洗濯機に入れておき,洗剤も入れておく。
子どもの保育園の着替えで泥汚れがひどい物は入浴ついでに風呂場で手洗い。
それをすぐさま洗濯機に入れて,スタートボタンをポチッと。
子どもが寝た後に干すけど,自分も寝落ちしちゃったらまずいのであらかじめ乾燥モードまで入れておく。
寝落ちせずにいられたら,子どもが寝たあとに乾燥を止めて干している。

⑦★掃除の時間はあえて設定しない!

掃除は特定の時間をつくらず,「すきま時間に掃除」か「ながら掃除」。
夕食後に子供の食べこぼしを拾って,汚れたところだけハンディクリーナーで掃除。
あいた時間にクイックルワイパー。ウェットティッシュで拭き掃除。洗濯物たたむのも同様。

【後編】では,育児・家事の分担事例についてお伝えします!

後編はこちらから読めます↓
ワーキングマザーの1日のタイムテーブル公開!快適な共働き生活のポイントは「時短」「分担」。【後編】

スポンサーリンク

他のワーママさんたちの生活ブログも
参考にしています↓

Twitterもやっています。
子育て中のおもしろかった瞬間
育児・仕事の真面目なつぶやき
無言フォロー大歓迎!気軽に絡んでください★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする